FC2ブログ

年に一度は海外旅行

年に一度は海外旅行

最近の旅行先は中国大陸が中心です

麗江3日目 【15:椿の大木が有名な玉峰寺】

麗江で有名なラマ教の寺院
巨大な椿の木と、この椿を世話し続けている僧の方も有名。

玉峰寺の椿の大木
玉峰寺の椿の大木
画像をクリックすると別画面で拡大表示します。
1661年に建設されたラマ廟。麗江の大半を占める納西(ナシ)族の宗教である東巴教は、ラマ教、大乗仏教、道教などの影響を受けており、このような寺院が残っているらしい。
麗江自体が、茶葉古道(雲南省からチベットを通り、インド北部まで馬で茶葉を運んだルート)沿いで栄えた街だったので多くの宗教を持つ民族と交流し、勤勉なナシ族の人達は、それぞれの良い部分を吸収していったそうです。

ラマ廟と少し離れた場所には、椿の大木があります。
毎年春先から初夏にかけて約3ヶ月間、100輪近くの椿の花が咲き続けるそうです。
その椿の樹を世話し続けている老人の方がいて、地元の人達から大変尊敬され、慕われているそうです。
読経している後姿を拝見しましたが、優しい人柄が滲み出ているようでした。




玉峰寺 玉峰寺 玉峰寺 玉峰寺
ラマ教寺院について、ガイドさんからいろいろ説明を受けたのに記憶に残っていない。
雨が降ってきた上に、雪山で強行登山をしたために汗をかいたのがよくなかった。寒くて集中力が欠けてきてました。

吊るされている布、寺院に入るときに回市ながら入る円柱の物。
ちゃんと説明されていたのに・・・。 ごめんなさい。

玉峰寺 玉峰寺
麗江の庭では、排水性と見た目の美しさのため、石と瓦で模様をかたどったものを良く見かけます。

玉峰寺 玉峰寺 さっきの椿の樹は長い期間花をつけることでも有名ですが、9月末だというのに蕾がありました。

玉峰寺 椿の樹に関する石碑。
帰ってきてから読もうと写真を撮るけど、解読したためしがないんですよね~

寺院の入り口には、歌を唄って踊ってくれる民族衣装を着たおばちゃんたちが、お出迎え/お見送りをしてくれています。
唄ってもらったら10元だそうです。

玉峰寺 おばちゃんたちにはごめんなさいをして駐車場へ移動。
玉峰寺駐車場から眺める農村の風景は、日本の山村の風景にそっくりでした。

玉峰寺 日本人も中国人も、石に文字を刻むのが好きですよね。
でも日本と違って、中国は石に書いた文字は赤色が多いようです。


にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
いつも応援ありがとうございます。
 皆さんの \(ーー)ポチッ が励みです。
できれば、こちらもお願いします。
三 (〃 ̄ー ̄)/ポチッ


☆ ありがとうございました~ ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆彡

[ 2009/11/02 00:08 ] | トラックバック(0) | コメント(0)
親カテゴリ: 2009年 麗江・昆明
子カテゴリ: '09 観光・買い物
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

しうみん

Author:しうみん
性別:男

'11年 韓国 海南島
'10年 9月 九寨溝・北京
'09年 麗江 '08年桂林・陽朔、
'07年 海南島 '06 ラスベガス
夫婦で旅行を楽しんでます。

検索フォーム
カレンダー
チーム味酒乱
人気ブログランキング
楽天toto

来年の旅行は、
超豪華になる予定!!
FC2ブログジャンキー
QRコード
QR