年に一度は海外旅行

年に一度は海外旅行

最近の旅行先は中国大陸が中心です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
いつも応援ありがとうございます。
 皆さんの \(ーー)ポチッ が励みです。
できれば、こちらもお願いします。
三 (〃 ̄ー ̄)/ポチッ


☆ ありがとうございました~ ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆彡

[ --/--/-- --:-- ] | トラックバック(-) | コメント(-)
子カテゴリ: スポンサー広告

麗江4日目 【6:木府】

麗江4日目 【5:木府へ移動】の続き、チケットを購入し木府内へ。

木府はかつて雲南省北部を支配していた木氏一族がすんでいた館。
1920年代に戦争で焼失してしまいましたが、1997年に再建されたまだ新しい建物です。
1997年は麗江がユネスコの世界文化遺産に登録された年です。
2009年麗江4日目_木府
木府
画像をクリックすると別画面で拡大表示します。
敷居が高いのは、地位が高い人の建物である事を意味し、また鬼除けでもあるそうです。

中国らしいような、どこか日本の古い建築物のような、文化の源流は同じなんだなと感じます。
思わず左右に、風神/雷神が居るのでは?と探してしまいました。
手前の入口に狛犬がありましたが、獅子は漢族の流れだそうです。

では木府の敷地内へ...



・木府入り口
2009年麗江4日目_木府
看板にもトンパ文字。 (きっと木府と書いてあるんでしょう。)
中国語の説明文って一瞬日本語? って思う事ありますよね。
よく見ると意味分かんないんですが...

2009年麗江4日目_木府
面白みのない説明地図かと思ってたら、瓦の先端に鬼のような顔が書かれてます。これがこの地方の鬼瓦なんでしょうかね。

・議事庁
2009年麗江4日目_木府
議事庁は木氏が政務を執り行った建物。
きっとこの石畳に大勢の人が集まったんでしょう。
ちょっと沖縄の首里城を思い出しました。

2009年麗江4日目_木府
建物の中は椅子があるだけと言っていいくらいの室内。
中国って、「せっかく来たのにこれだけ?」って建物が多いと感じるのは私だけでしょうか?

2009年麗江4日目_木府
天井にある水龍。 ガイドさんが説明してくれたんだけどうろ覚え。
本来は龍は地方の役人の建物に装飾できないのだけど、木氏がなんらかの理由をつけて承認してもらったらしい。
火災防止用の水龍だからいいでしょ。みたいな理由だったかな...
ちゃんと知っている人いたら教えてください。

・万巻楼
2009年麗江4日目_木府
万巻楼は木氏一族の子供が勉強するところ。

2009年麗江4日目_木府
これが先生の教壇で、後ろには孔子の掛け軸が掛っています。
時折り木氏の長が見に来たそうで、先生は大変だったでしょうね~。
二階は図書館です。ナシ族は今も勤勉な民族ですが、400年前のこの当時からずっとそうだったんですね。

・護法殿
2009年麗江4日目_木府
護法殿は、名前からも連想できるように法律関係の建物。

2009年麗江4日目_木府
裁くのも、裁かれるのも木氏一族の人。
いったいここには何人住んでたんでしょう?

2009年麗江4日目_木府
盆栽(でいいのか?)で人をもてなすのも、日本と同じ雰囲気。

・玉音楼
2009年麗江4日目_木府
玉音楼はお客をもてなすための建物。

2009年麗江4日目_木府
屋根の部分の彫刻。これもちゃんとガイドさんが説明してくれたのに…
一番上が鳥なのは・・・なんとかって・・・
写真もきちんと撮って、ちゃんと説明も聞いてメモしようとするんだけど、どうしても抜けが多くなってしまいます。
心の中では、妻にメモをとっておいて欲しいんだけど...
「頭の中にメモったから~」と言って書いてくれない。
でも未だに、頭の中のメモを取り出す方法を知らないのです~

2009年麗江4日目_木府
玉音楼の裏は楽曲を演奏したり、歌舞をするステージがあります。
広さは狭いです。 標高2400mで激しい演奏や踊りは、踊る方も聴く方も辛いから?

次回は、ここから歩いて獅子山に登ります。


にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
いつも応援ありがとうございます。
 皆さんの \(ーー)ポチッ が励みです。
できれば、こちらもお願いします。
三 (〃 ̄ー ̄)/ポチッ


☆ ありがとうございました~ ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆彡

[ 2010/01/28 00:08 ] | トラックバック(0) | コメント(8)
親カテゴリ: 2009年 麗江・昆明
子カテゴリ: '09 観光・買い物
こんにちは!
しうみんさん
こんにちは!


>木府

では再建されるまでは更地のようなかんじだったのでしょうか。それとも焼け跡をそのまま残していたのかな?

>一瞬日本語? って思う事ありますよね。

あっこれ私もそう思います。欧米人からすれば、発音だって中国語か日本語かわからなそうですよね!それにしても映画に出てくるようなロケーションが続きますね。孔子の掛け軸で思い出したんですが、最近、中国の国産映画「孔子」を売り込むために「アバター」の上演規制をしているとかしないとか。いろいろ批判が起こっているようですが、私なら喜んで「孔子」も観ますけどね(^○^)

今日もありがとうこざいました!
[ 2010/01/28 02:20 ] [ 編集 ]
あ~。確かに、ちょっと沖縄の首里城を思い起こす気持ち、分かります!v-490
こちらの建物でも、入口の両脇に狛犬(獅子)がいる時、それがシーサーに見えてしまって、沖縄との文化の近さを感じずにはいられません。

ところで、標高2400mはすごいですね!
高山病にかかるギリギリの高さ・・・そりゃあそんな所で激しく踊ってはいけないような(笑)
(でもチベットとかどうなんだろう。。。)
[ 2010/01/28 17:00 ] [ 編集 ]
こんばんは
しうみんさんこんばんは!! 戦争焼失する前も同じ感じの建物だったんですかね?? 

色彩の多さ意外は、本当に沖縄の首里城を思い出す感じわかります。。 狛犬もいるし・・
一番上が鳥なのは・・・なんなのでしょう(爆)ワタシはガイドさんの話なんて・・聞いたことないんで・・ブログに書けないや・・きゃ!!

標高2400mで踊るって凄いですね。聞いているだけで空気が薄くなる気が・・・
高所恐怖症で・・登山大丈夫ですか?? 真下見なければOKですね!! 素敵な景色楽しみにしていますね!!
[ 2010/01/28 21:00 ] [ 編集 ]
しうみんさん、こんばんは。
ご無沙汰しちゃってました。急に仕事なんかするもんだから、ペースが掴めなくてブログの更新もままならず。。。しうみんさんもお忙しいのに頑張ってますね♪今日はごあいさつ。またゆっくり遊びに来させて頂きます。シンバちゃんは元気かな。。。これからもどうぞよろしくです♪
[ 2010/01/28 21:52 ] [ 編集 ]
> ほぷほぷさんへ
こんばんは
再建するまで・・・・ 果たしてどうだったんでしょう?
10年前に世界遺産認定されるまでは、昔ながらの家並み、街並みだったそうです。
ガイドさんは子供の頃から古城で育った人だったので、10年ですごく変わってしまったと言ってました。

中国語は読めなくても意味が伝わりますよね。
漢字は我々にとっては象形文字みたいな物ですね。

>「アバター」の上演規制
いかにも中国って感じですね。
興行収入のTOPは「孔子」以外にはありえない!
って政策でしょうか?
[ 2010/01/28 22:47 ] [ 編集 ]
> 蜜さんへ
石畳の向こうに宮殿のような建物があると、やっぱり首里城って感じしますよね。
(韓国ドラマの宮殿という人もいましたけど...)

標高2400mは、やはり体に影響があります。
特にお酒の飲みすぎは注意が必要。
帰りの飛行機で隣に座った人が、「麗江からシャングリラに行く途中、バス内でビール飲んだら倒れて入院した人がいた」って、気圧低いからビールも危険です。

でも空気が澄んでいてキレイだし、思いっきり深呼吸&腹式呼吸していればなじんできますよ。
[ 2010/01/28 22:51 ] [ 編集 ]
> sakiちゃんへ
焼失する前はどうだったんだろ?
玉龍雪山や街の建物などの景観がすごく綺麗だし、きっと当時の建物も豪華できれいだったんだろうと思います。

我々はオフシーズンに旅行するので、ガイドさんが付くときはほとんどが貸し切りです。
本来なら詳しく説明を聞けるはずなんですが、写真撮ったり、あっちこっち周りを見て廻っててほとんど話を聞いてない。
まるで子供のようなおっさんです。( 一一)

この前日に標高4500m以上の玉龍雪山に登ったけど、霧で周りが見えなくて平気でしたよ。(それって登った意味があるのか?)
[ 2010/01/28 22:59 ] [ 編集 ]
>かのちゃん♪へ
こんばんは

こちらも最近忙しくなってきて、ブログ連日更新ができなくなってきました。いずれまた通常ペースになるでしょうから無理せずやってくつもりです。
かのちゃん♪も忙しいと思うけど、頑張れ p( ̄0 ̄)/ ファイト~!!

シンバは部屋で続けておしっこをしたため、いまだ絶縁中です...
[ 2010/01/28 23:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

しうみん

Author:しうみん
性別:男

'11年 韓国 海南島
'10年 9月 九寨溝・北京
'09年 麗江 '08年桂林・陽朔、
'07年 海南島 '06 ラスベガス
夫婦で旅行を楽しんでます。

検索フォーム
カレンダー
チーム味酒乱
人気ブログランキング
楽天toto

来年の旅行は、
超豪華になる予定!!
FC2ブログジャンキー
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。