年に一度は海外旅行

年に一度は海外旅行

最近の旅行先は中国大陸が中心です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
いつも応援ありがとうございます。
 皆さんの \(ーー)ポチッ が励みです。
できれば、こちらもお願いします。
三 (〃 ̄ー ̄)/ポチッ


☆ ありがとうございました~ ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆彡

[ --/--/-- --:-- ] | トラックバック(-) | コメント(-)
子カテゴリ: スポンサー広告

麗江4日目 【7:獅子山展望台】

【6:木府】の続き、歩いて獅子山公園に向かいます。

獅子山公園は、木府から登っていける小さな山の上にあります。
木府の玉音楼を見た後、登っていく通路が整備されています。
2009年麗江4日目_獅子山展望台
獅子山展望台から見る麗江古城
画像をクリックすると別画面で拡大表示します。
この瓦屋根が一面に続く光景。
実はこの光景を見るのが、麗江旅行の目的の一つでもありました。

台湾ドラマ「一メートルの光」が麗江を知るきっかけだったのですが、その中に出てくるこの風景がすごく印象的で、心癒されたのです。
何故か解らないけど、夫婦共々この光景に憧れを抱いていました。
別にピーター・ホーやスン・リーのファンとかではないですよ。

実際に見てみると、ドラマの画面には入り込んでこなかった近代的な建物が目に入ってきて少しイメージダウンしますが、それでも不思議と癒されました。
理由は・・・・・     わかりません。

当日は雨上がりで、空気が澄んできれいな光景でした。
今度また行く機会があったら、朝日/夕日に照らされる風景を見てみたいと思います。

では木府から獅子山展望台まで...



・獅子山への道
2009年麗江4日目_獅子山展望台
玉音楼を過ぎると、獅子山へと登る通路が見えてきます。
建物の周りは大きな庭園になっています。日本の庭園のような整然とした感じは無いのですが、きちんと手入れはされています。
標高が高いので育つ樹木も限られているんだと思います。

2009年麗江4日目_獅子山展望台
参道はきちんと整備されていて、街中の石畳よりも歩きやすいくらいの道路でした。
ふだん運動不足の上に酸素が薄いので、すぐに息が上がってきます。

・三清殿
2009年麗江4日目_獅子山展望台
中腹にある「三清殿」。
道教の創始者とされる三人の高僧が祀られているらしいけど、建物より景色ばかりみてました。

2009年麗江4日目_獅子山展望台
中腹から見下ろす「木府」の建物。
木府は建物をまじかで見るより、こうして見下ろす方が趣があります。

日本の京都や奈良とかに似てるのか?
それとも姉妹都市の岐阜高山市に似ているのか?
なんとなく、日本の古都の風景を思い出しました。

2009年麗江4日目_獅子山展望台
でも角度を変えると、近代化が進んでいるだな~と実感させられます。
写っているのは麗江で一番高い建物。
バンヤンツリーが出来るまでは、麗江で最高級のホテルでした。
麗江は地震が多いので高層ビルは少なく、このホテルがひと際目立ちます。 (景色を楽しむ側からすれば、邪魔極まりない建物です。)

2009年麗江4日目_獅子山展望台
しばらくすると、中国人の団体ツアー客がやってきました。
いつもうるさくて元気な中国人の方々ですが、これだけ標高が高い場所を登ってきて疲れたのか、(少しだけ)静かでした。
獅子山公園までは、まだ少し歩いて登らなくてはなりません。
団体さん達が来る前に、展望を楽しみたいので先を急ぎます。

・獅子山公園
2009年麗江4日目_獅子山展望台
登りきったところでまた入場料が必要なようです。
ガイドさんがチケットを買っている間、近くの風景を撮影。
3枚前と同じ「木府」の建物ですが、高低差は伝わるでしょうか?

2009年麗江4日目_獅子山展望台
展望台から見える風景といえば、建物の屋根だけ。

2009年麗江4日目_獅子山展望台
見所は? 屋根!

2009年麗江4日目_獅子山展望台
屋根みてて楽しい?

・・・・・
・・・・・
・・・・・
それが不思議と、癒されるんです。 (´∇`) ほわー

2009年麗江4日目_獅子山展望台
最後はガイドさんと記念撮影。
他の観光客が居なくて貸し切り状態で、景色を満喫しました。
できれば、もっと光を~ \(・_\)\(・_\) 太陽の光を~

展望台より少し上には万鼓楼という、ガイドブックには必ず載っている名勝があるのですが、他の旅行記等を見ても登る価値が無いって書いてある可哀そうな建物です。
我々のツアーコースにも入ってなかったです。

獅子山公園には木府から歩いてくる以外に、四方街から歩いてくることも、タクシーで来れるルートもあります。
次回は、四方街へと下っていきます。

1:19頃に少しだけ、獅子山からの麗江古城の景色が映ってます。
オープニングの獅子山から見えるシーンの配信動画が見つからない。(TT)
所々に麗江の景色が映ってます。


にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
いつも応援ありがとうございます。
 皆さんの \(ーー)ポチッ が励みです。
できれば、こちらもお願いします。
三 (〃 ̄ー ̄)/ポチッ


☆ ありがとうございました~ ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆彡

[ 2010/01/30 00:08 ] | トラックバック(0) | コメント(6)
親カテゴリ: 2009年 麗江・昆明
子カテゴリ: '09 観光・買い物
こんにちは!
しうみんさん
こんにちは!

これだけ整然と屋根が並んでいると壮快ですね。高さもある程度揃っているしとても素敵な景観だと思います。日本は電信柱があるからごちゃごちゃしてよくありません。

今日もありがとうこざいました!
[ 2010/01/30 03:54 ] [ 編集 ]
> ほぷほぷさんへ
そういえば電信柱が無かったですね。
あちこちで道路工事してましたから、たぶん地下なんでしょうね。(道路に掘り起こした岩とか、ケーブルとかが散乱してたから)

人海戦術工事だけで、景観を守るためには大切なことですよね。

[ 2010/01/30 22:11 ] [ 編集 ]
こんばんは
屋根の景色。。これだけ並んでいると圧巻ですね!!
確かに、朝夕日にてらされた姿は凄くきれいで、見てみたい衝動に駆られますね!!
ただの屋根ていえばそれまでですが・・こういう景色って日本では見られないですもんね!!
酸素が薄いのは・・大変ですが・・ 台湾ドラマは見ないんですが、ドラマの景色でいきたくなるところ
ありますよね~ 

万鼓楼・・ちょっと残念な感じのところがかなりそそられます(爆) 自分でググッてみますね!!
[ 2010/01/31 20:24 ] [ 編集 ]
>sakiちゃんへ
こんばんは
旅行するときって、ただ行くよりもドラマや小説、テレビの特集とか、何かのきっかけで行ってみたくなる場所って出来ますよね。
行ってみて当たりだったら最高。外れてもそれはそれで思い出になるし、観光ガイドブック以外の要素って旅行者にとってスパイスのような存在だと思ってます。

> 万鼓楼の残念な感じにそそられる
さすが旅行のプロ sakiちゃんですね。
[ 2010/02/01 23:41 ] [ 編集 ]
お久しぶりです!
しうみんさん、ご無沙汰してました。過去ログから戻って旅して来ました♪屋根、屋根、屋根・・・確かに。でも、すっごっく素敵なところですね。動画を見て、なんだかワープしたような気持ちになりました。日本とは似て非なる?全然違う言葉と文化の中に暮らす人たちに、とっても興味が湧きました。そう言えば、昔さんざん中国映画にハマってたことを思い出しました。電柱がないなんて、素晴らしい!近代化はちょっと残念だけど、さすが歴史の古い国。興味深々です。ありがとうございました。
[ 2010/02/03 23:35 ] [ 編集 ]
> かのちゃんへ
こちらこそご無沙汰してます。

中国は急に近代化してるのと土地が広いから、近代化した街と古くからの生活のままの街が狭いエリアに同居してます。
そして日本の風景とも似ているので、自分が子供の頃にみてたような光景もあったりします。
そうした昔の光景に出会うと、いろんな事を思い出したり、考えたりしてしまいます。

なりふり構わずのパワーを感じる中国、日本人が無くした素朴さを保っている中国。
どちらも中国なんですが、その両方が見れる所が中国が好きな理由なんでしょうね。

かのちゃん♪も機会があったら、中国を旅してみてくださいね。かのちゃん♪視点での中国レポートも見てみたい。
[ 2010/02/04 00:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

しうみん

Author:しうみん
性別:男

'11年 韓国 海南島
'10年 9月 九寨溝・北京
'09年 麗江 '08年桂林・陽朔、
'07年 海南島 '06 ラスベガス
夫婦で旅行を楽しんでます。

検索フォーム
カレンダー
チーム味酒乱
人気ブログランキング
楽天toto

来年の旅行は、
超豪華になる予定!!
FC2ブログジャンキー
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。