年に一度は海外旅行

年に一度は海外旅行

最近の旅行先は中国大陸が中心です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
いつも応援ありがとうございます。
 皆さんの \(ーー)ポチッ が励みです。
できれば、こちらもお願いします。
三 (〃 ̄ー ̄)/ポチッ


☆ ありがとうございました~ ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆彡

[ --/--/-- --:-- ] | トラックバック(-) | コメント(-)
子カテゴリ: スポンサー広告

桂林・陽朔4日目 【13:桂林四湖ナイトクルーズ(後編)】

2008/12/22
【13:桂林四湖ナイトクルーズ(前編)】の続き。

船がUターンしたということは、ここが4つ目の湖、木龍湖でしょう。
木龍湖は、かつて埋め立てられて工業団地になっていたそうです。
ですが、桂林の景観を元に戻そうということになり、
地上施設を全て移動させて、掘り起こして湖に戻したそうです。

さすが中国は、なんでもやることが大きい。
2008年_桂林陽朔 4日目_両江四湖ナイトクルーズ
両江四湖ナイトクルーズ
画像をクリックすると別画面で拡大表示します。
両江四湖ナイトクルーズは、湖を見るというよりもライトアップされた建物や、岩山を見て回る感じです。
湖周辺は、どこもかしこもカラフルにライトアップされています。

中国ではあちこちで電力不足・停電の話を聞きますが、こんなに派手にライトアップして大丈夫なんでしょうかね。
桂林としてはナイトクルーズは貴重な収入源だから、特別扱いなのかもしれません。

続きは、両江四湖ナイトクルーズの戻り。



・両江四湖ナイトクルーズ
2008年_桂林陽朔 4日目_両江四湖ナイトクルーズ
湖にせり出した舞台の上では、なにやら演劇が行われてます。

2008年_桂林陽朔 4日目_両江四湖ナイトクルーズ
中国語なので何を言っているのか解らないし、船はスピードを緩めるだけで通り過ぎて行ってしまいます。
じっくりと見るものではないようです。

2008年_桂林陽朔 4日目_両江四湖ナイトクルーズ
女子十二楽坊をこじんまりとしたような舞台。
こちらも速度を緩めるだけで通り過ぎていきます。

こうやって寸劇を見ながら遊覧するのは、昨日の世外桃園の遊覧船(過去記事)と重なる部分がありますね。

2008年_桂林陽朔 4日目_両江四湖ナイトクルーズ
ガラス造りの玻璃桥。
人が渡るための橋ではなく、観賞用(?)の橋のようです。

夜しか見てませんがきれいな橋でした。
船が揺れてブレブレの写真しか撮れなかったのが残念。

2008年_桂林陽朔 4日目_両江四湖ナイトクルーズ
船外に出て周りの風景に気を撮られていたら、背後に殺気。

船は橋の下をくぐるところで、危うく頭をぶつけるところでした。
船と橋との隙間が狭い場所があるので注意が必要です。
(皆、風景を見てるので「危ない」とか声かけてくれません。)

2008年_桂林陽朔 4日目_両江四湖ナイトクルーズ
天井との隙間は狭いのですが、左右には人が歩ける通路があります。

2008年_桂林陽朔 4日目_両江四湖ナイトクルーズ

行きも戻りも風景は一緒なので、船内では二胡の演奏があったり、観光気分を盛り上げてくれます。
自分はずっと写真を撮ってましたが、妻は船内で久しぶりに会う日本人と会話を楽しんでしたようです。

船内でご一緒した初老のご夫婦は、今朝 桂林に着いたところで、明日は漓江下りをして石林に向かわれるとか。
我々も、そうやって旅行し続けたいものです。

2008年_桂林陽朔 4日目_両江四湖ナイトクルーズ
金銀にライトアップされた日月塔が見えてきたら終点です。
所要時間1時間ちょっとのクルーズでした。

ホテルへの往復を含めると2時間近いツアーとなります。
是非お勧めといえる内容ではありませんが、夜出歩く予定が無い方は参加されても良いのではないでしょうか。

にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
いつも応援ありがとうございます。
 皆さんの \(ーー)ポチッ が励みです。
できれば、こちらもお願いします。
三 (〃 ̄ー ̄)/ポチッ


☆ ありがとうございました~ ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆彡

[ 2010/08/19 00:08 ] | トラックバック(0) | コメント(2)
親カテゴリ: 2008年 桂林・陽朔
子カテゴリ: '08 観光・買い物
写真班は忙しい
写真のポイントがたくさんあって、忙しかったでしょう?
ブログ始めてから、旅といえばほとんど写真を撮っているような(笑)。じっくり見るところもなんだか忙しくカメラを覗く自分に気づき、ドキっとします。
でも、すごい危機管理能力ですね!頭ぶつけなくてよかったです(笑)。
[ 2010/08/20 12:43 ] [ 編集 ]
> かのちゃん♪へ
本当にブロガーさんは大変ですね。
どんなに綺麗な景色も、見ただけでは駄目ですからね。

でも同じクルーズをしていても、一緒になった日本人と話続けている妻と、周りにいい景色(撮影ポイント)が無いかを探し続ける自分。 どちらが旅行を満喫したんでしょうね。


船の音の聞こえ方が、微妙に違うな~と思ったら・・・
橋げたは本当にギリギリで、無茶苦茶焦りました。
きっと頭ぶつけてても、誰も気付かなかったことでしょう。

自分の身は自分で守る。 大陸の鉄則です。
[ 2010/08/20 22:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

しうみん

Author:しうみん
性別:男

'11年 韓国 海南島
'10年 9月 九寨溝・北京
'09年 麗江 '08年桂林・陽朔、
'07年 海南島 '06 ラスベガス
夫婦で旅行を楽しんでます。

検索フォーム
カレンダー
チーム味酒乱
人気ブログランキング
楽天toto

来年の旅行は、
超豪華になる予定!!
FC2ブログジャンキー
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。