FC2ブログ

年に一度は海外旅行

年に一度は海外旅行

最近の旅行先は中国大陸が中心です

麗江2日目 【13:バンヤンツリー麗江 チェックイン(室内)】

今回の旅行でも楽しみの一つはこのバンヤンツリー麗江。
世界遺産の麗江古城散策や、玉龍雪山風景名勝区などの景観を楽しむのと並んで、ホテルライフも満喫したいと思ってます。

室内は中央に寝室、左右にリビングと洗面所の3部屋に分かれています。
バンヤンツリー(外からみるベッドルーム)
室内へと入る扉。
画像をクリックすると別画面で拡大表示します。
入り口は左右開閉式の引き戸。室内はふわふわのカーペット敷かれています。
扉を開けるといきなり寝室!っていうのは違和感がありますが、ベッドから軽く身を起こすと、きれいな庭やその向こうに玉龍雪山の景観を眺めることができるように考えられているようです。
靴を脱いで入ろうとしたら、「脱がなくてもいいですよ。」って。。。
それでも脱いで入りましたよ。 日本人ですから。



バンヤンツリー(ベッド)
浴衣は脱ぎ散らかしたわけではありません。 最初からこのようにセットされているのです。(笑)
ベットの上のパンダは、ホテルからのプレゼントだそうです。
バンヤンツリー(ベッドサイド)ベットの枕元の巾着に入っているのはペットボトルの水でした。
旅行のパンフレットには、「ウェルカムドリンク」があると書いてあったのに、他に飲み物は見つからないので、この水がウェルカムドリンクだったのだろうか?
時計には目覚まし機能がないので、目覚ましは持って行きましょう。
バンヤンツリー(リビング) バンヤンツリー(リビング・テーブル)
リビングにはゆったりと座れるソファーと、その奥にはアロマポットとお香が置かれ、障子に庭の笹の影が映りこんで小説でも書きたくなるような作業机です。机の上の木箱は筆箱で、中には子供が使うような鉛筆類がはいっていました。
バンヤンツリー(リビング・ミニバー) 湯沸しポットがあって珈琲、紅茶、中国茶は無料です。ただ珈琲豆はあるけど入れる道具は見当たりませんでした。
ひっそりとウェルカムフルーツも置かれていて、その横のミニバーとお菓子、冷蔵庫(扉の影)の中はもちろん有料です。無料と有料の品がごちゃ混ぜに置かれています。
CDラジカセとDVDレコーダーもあって、メディアは図書室で借りることができるようです。
バンヤンツリー(洗面所) バンヤンツリー(ロッカー) 洗面台とロッカーは、左右対称に2つ設置されています。
洗面台が2箇所というのは、時間の無いときにはありがたいですね。
セーフティーボックスは片側一箇所。暗証番号登録式で鍵を持ち歩く必要はありません。
バンヤンツリー(シャワー) 庭にはジャグジーがあるけれども、室内にはシャワールームもあります。バスタブはありません。
シャンプーやボディーソープなどは壷のなかに入っています。
基本的にアメニティグッズは申告しないと補充しないそうなので、はぶらしとかを使って替えて欲しかったらフロントに言わないといけません。
ちょうどポーターさんが荷物を持ってきてくれました。
床が石畳とか芝生なので荷物の運搬は大変です。
ガイドさんに「チップは必要?」って聞いたら、「あなた次第」って。
スーツケース2個だったので20RMB渡しました。相場は?
ゆっくりしたいところですが、食事前に麗江古城散策をすることにしてたので、荷物を置いたら出発です。
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
いつも応援ありがとうございます。
 皆さんの \(ーー)ポチッ が励みです。
できれば、こちらもお願いします。
三 (〃 ̄ー ̄)/ポチッ


☆ ありがとうございました~ ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆彡

[ 2009/10/12 14:12 ] | トラックバック(0) | コメント(0)
親カテゴリ: 2009年 麗江・昆明
子カテゴリ: '09 ホテル
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

しうみん

Author:しうみん
性別:男

'11年 韓国 海南島
'10年 9月 九寨溝・北京
'09年 麗江 '08年桂林・陽朔、
'07年 海南島 '06 ラスベガス
夫婦で旅行を楽しんでます。

検索フォーム
カレンダー
チーム味酒乱
人気ブログランキング
楽天toto

来年の旅行は、
超豪華になる予定!!
FC2ブログジャンキー
QRコード
QR