年に一度は海外旅行

年に一度は海外旅行

最近の旅行先は中国大陸が中心です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
いつも応援ありがとうございます。
 皆さんの \(ーー)ポチッ が励みです。
できれば、こちらもお願いします。
三 (〃 ̄ー ̄)/ポチッ


☆ ありがとうございました~ ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆彡

[ --/--/-- --:-- ] | トラックバック(-) | コメント(-)
子カテゴリ: スポンサー広告

麗江2日目 【16:夕方の麗江古城(四方街の周辺)】

かつては水を堰きとめて町を洗っていた名所。 麗江古城の中心 四方街。
麗江古城(四方街)
四方街の水路
画像をクリックすると別画面で拡大表示します。
麗江古城(使われていない水路の門) かつてはこの水門を閉じて水を堰きとめて、水路から街へと水を流して町中を掃除していて、ドラマでもそのシーンがあって見てみたかったのですが、今は全く行われていないそうです。
以前、まだ観光客が少なかった頃は、夕方から夜に掛けて水を流していて、住んでいる人々が協力して掃除ができたのですが、今では夜遅くまで観光客で溢れていて水を流すことはできないし、住んでいる人もかつての住民から、店を経営するために後から入ってきた人に変わってしまい、もう以前の光景を見ることは無いということでした。
それでも、専門で掃除をする人がいるので古城内の清掃は問題ないそうです。



麗江古城(万子橋) 麗江古城(七一街) 麗江古城(七一街) 麗江古城(七一街 民族衣装) 麗江古城(わき道) 麗江古城(お土産屋)
ロケ地の細い通りを過ぎて、再び広い通りを歩きます。
新華街(飲食通り)、東大街(お土産通り)から外れると、人の通りは少し少なくなって、新しすぎず、古すぎずといった雰囲気の通りになります。
ここもいずれは、新華街、東大街のようになっていくのかもしれません。
お土産物屋はとてもたくさんあるのですが、何故かほとんど店で同じものを売っています。
麗江古城(一米陽光の看板) 街の所々に”客桟”という看板を掲げた、民宿のような宿泊施設があります。
麗江古城を満喫するなら、こうしたところに泊まるのがよいようです。
日本からのツアーではなかなかそうしたプランは無く、ネット上ではよく宿泊されているかたの旅行記を見かけます。
いつかこういう所を拠点に、旅をしてみたいです。
麗江古城(古い通り) 麗江古城(古い通り)
メインの通りを一歩外れると、こうした古い町並みが残っています。
石畳と土壁に何故か郷愁を感じます。 (多分、前世は中国人だったのでしょう。)
麗江古城(四方街) 四方街に付く頃には、周辺も暗くなり始めてきました。
観光客の数も少しずつ増えてきたように感じます。
どうやら、日中よりも夕暮れ~夜の方が人の数は多いようです。
麗江古城(飴作り) そろそろ食事の時間なので、レストランへと向かいます。
四方街は麗江古城の中心で、広場からはたくさんの路が出ていて、このような飴を作っているような特徴的な店もあります。
麗江古城(川沿いのレストラン) 麗江古城(川沿いのレストラン)
趣のある木製の橋の対岸にはレストランが並びます。
川辺で食事もいいですね。
麗江古城(夕暮れ)
しばらく歩いていると本格的に暗くなってきました。
古い町並みと、赤い提灯の灯りのコントラストが、絶妙の雰囲気を出しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
いつも応援ありがとうございます。
 皆さんの \(ーー)ポチッ が励みです。
できれば、こちらもお願いします。
三 (〃 ̄ー ̄)/ポチッ


☆ ありがとうございました~ ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆彡

[ 2009/10/14 07:00 ] | トラックバック(0) | コメント(0)
親カテゴリ: 2009年 麗江・昆明
子カテゴリ: '09 観光・買い物
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

しうみん

Author:しうみん
性別:男

'11年 韓国 海南島
'10年 9月 九寨溝・北京
'09年 麗江 '08年桂林・陽朔、
'07年 海南島 '06 ラスベガス
夫婦で旅行を楽しんでます。

検索フォーム
カレンダー
チーム味酒乱
人気ブログランキング
楽天toto

来年の旅行は、
超豪華になる予定!!
FC2ブログジャンキー
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。